Hyper-V on VMware Workstaionの注意点

*´ω`)ノ こんばんは!コロです。
予定では仮想マシンにOSをインストールするハズだったんですが、
VMware上のHyper-Vがうまく動かないという状況になりまして…。

VMware上でHyper-Vを動かすときには下準備が必要な様子。
以下、備忘録として書いておきましょう。

1. 仮想マシン作成後、設定ファイル(.vmx)に以下を追記

hypervisor.cpuid.v0 = “FALSE”


OSインストール後だと変更がきかないようなんで、
仮想マシンを作ったらすぐ記入!!
vmxファイルはテキストエディタで編集可能(‘(゚∀゚∩

2. 仮想マシンの設定で、以下の設定を行う

[ハードウェア]タブ – [プロセッサ] – [Intel VT-x/EPT またはAMD-V/RVIを仮想化]にチェック


こちらもOSインストール後だと変更がきかないようなんで、
仮想マシン作成後すぐに設定!!( `・ω・´)

2番は設定してたけど、1番は知らなかったなぁ…。

この情報の出所はこちらのブログ
お世話になりましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください