【OSX86】 P6X58D Premium は Mac の夢を見るか 〜OSインストール編〜 【Hackintosh】

*´ω`)ノ こんばんは!コロです。
先日、高校時代の先輩の結婚式に参加させていただきました。
終始笑顔の絶えない、良い式だったのではないかと思います。
お二方、お幸せに!!(‘(゚∀゚∩

さて、わたくしはと言いますと、
近頃、普通のPCにMacOSを動かせたら良いな〜
という妄想を描いています。

前回はインストール用のUSBメモリを作成しました。
まだの方はインストールUSB作成編を御覧ください。

さて、今回のテーマは「P6X58D Premium は Mac の夢を見るか 〜OSインストール編〜」
ということで、いよいよインストール作業へと進みます。

インストールするPCのスペックは以下の通り

マザーボード:Asus P6X58D Premium
CPU:Intel Core i7 960 (3.20GHz)
GPU:nVidia GeForce GTX 480
メモリ:DDR3-1066 2GB×6
PCケース:ANTEC P183
電源:700W

1) PCの電源を入れ、インストールUSBから起動
015
起動ディスクの選択画面は起動後すぐに「F8」キーを押すことで開くことができます。

インストールUSBから起動ができると、アップルのロゴの後、ブートローダーが表示されます。016

2) インストールUSBを選択し、オプションを入力
018
分かりにくいですが、一番左に「ML_Installer」というボタンがあるので、こちらを選んでいます。

なお、オプションに関してですが、公式ページには以下のようにあります。
017
今回は丁度AsusのマザーボードとnVidiaのグラフィックボードの組み合わせなので、「PCIRootUID=0」を入力しました。
ちなみに、このオプションを入力し忘れると、画面が表示されなくなり、進められません。

3) インストーラーの起動を確認
019

インストーラが起動したら、あとは通常通りインストールすれば良いです。
020
この時点ではまだブートローダーがインストールされていないので、注意が必要です。

4) インストール終了後、インストールUSBから再度起動
021
Mac OSをインストールしたディスクを選びましょう。
オプションの入力を忘れずに!!

5) 初期設定022

初期設定後、デスクトップ画面が表示されれば、とりあえずOSのインストールは完了です。
023

途中でも書きましたが、この段階ではまだブートローダーがインストールされていないので、
起動は「インストールUSBを起動してから起動ディスクを選んで…」という作業が必要です。

あと、今回はバラすのがめんどくさかったのでそのまま実行しましたが、
誤作動やエラーを回避するために、余計な機器(予備のHDDや周辺機器など)は外し、
必要最低限の構成にして進めると、混乱せず良いかも知れません。

次回はブートローダー、およびDSDT、kext(ドライバ)のインストールを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください