Mountain Lion(MacOS 10.8)でiLife ’11の使用

*´ω`)ノ こんばんは!コロです。
ちょこちょこ部屋の片付けをしています。
いらないものが多すぎる我が家では、
一昔前に流行った断捨離が必要不可欠みたいです(;´ 3`)=3

Mountain Lionを乗っけたMacBook ProにiLife ’11を入れてみました。
ところが、インストール直後はiPhotoが起動しないので、
アップデートをして使うことになるわけですが…。
ilife_01

App Storeのアップデートに表示されるんで実行するも、エラーで進まず。
2回目以降では表示すらされない始末(´・ω・`)ilife_02
まっさら!!…ってオイィ!!!!ヽ(`Д´)ノ
App Storeで個別に買いなさいってことけ?

で、物は試しで個別にアップデートファイルをダウンロードして実行してみました。
ilife_03

とりあえず、iPhoto以外はすんなりアップデートができ、
問題なく動作することが確認できました。

iPhotoに関しては、最新版のアップデータを使うと
ilife_04
「iPhoto 9.1以上じゃないと、このアップデータは使えないよΨ(`∀´)Ψ」
って言われます。
どうやら一度iPhoto 9.1へアップデートをしてから最新版にする必要がありそうです。
ilife_05

そんなわけで、以下アップデートに使ったファイルを紹介しておきます。
iPhoto ’11(9.1 and 9.4.2
iMovie ’11(9.0.8
GarageBand ’11(6.0.5
iDVD 7(7.1.2
iWeb 3(3.0.4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください