【懲りずに】洗濯機用ナノバブル発生器【第2弾】

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。
朝晩が冷え込むようになってきましたね。
我が家は早々と布団を冬用に交換しました。
布団に入ったときのぬくぬく…たまりません(*´д`*)

さて、我が家の洗濯機事情ですが、私が一人暮らしをするときに買った2004年製のものをいまだに使っています。
数度の引っ越しを経て、壊れてきている部分も多々ありますが、洗濯自体はできているので引き続き使用しています。

で、壊れかけの部分の一つがこちら。

給水部分です。

ホースを直接繋げると、締まりが悪いのか、ゴムパッキンがヘタっているのか、水漏れします。
以前住んでいた家は1階で、洗濯機のすぐ後ろが窓だったため、ホースを繋げるように買った器具を付けると水漏れしないのですが、今は2階に住んでいて、この器具の活躍の場はありません。
人に見せるものではありませんが、見た目もあまり良くないので何とかしたいな〜なんて思っていました。

そこで、懲りずにこんなものを買ってみました。

ナノバブル発生器!
以前購入したシャワーヘッドと同じ、「微細な泡を作るよ!」っていう器具ですね。
早速開けてみましょう!

梱包の様子

Amazonで注文しましたが、注文の翌日には届きました。
佐川のお兄さんが届けてくれましたが、梱包がなんとまぁシンプルですこと。

箱などには入っておらず、本体と数枚の紙が入っているだけでした。
本体は金属製でちょっとやそっとでは壊れなさそうなので問題ないんでしょうけど、開けた直後は流石にビックリしました。
付属の紙を読んだところ、「徹底的にコストカットをした結果」らしいです。

形状

横から見た図がこんな感じ

Amazonで見ているとくびれがあるタイプも出ていますが、こちらは形もシンプルです。
一言で言えば「寸胴」ですね。
ゴムパッキンが2つ付いてきます。
2つとも使用するので、無くさないようにしましょう。

上面


給水穴です。
穴が小さくなるので、給水に時間がかかるようになります。
この手の商品には付きものですね。

裏面


中にどんな秘密があるか分かりませんが、何やら詰め込まれています。
これが何かどうかすると、ナノバブルができあがるのでしょう。
私にはサッパリ分かりませんが、そういうものなのでしょう。

装着方法

それでは、取り付けていきましょう。
尚、説明書に記載がありますが、ネジの部分が鋭利で、けがをする可能性があるので、手袋を使って取り付けましょう。

1. 給水弁を閉じる

2. ホースを抜いて、洗濯機側にパッキンを設置

ホースを抜く時に少なからず水が飛ぶので、タオル必須です。

3. 洗濯機に器具を取り付ける

斜めにならないようゆっくりと。
途中で引っかかる感じがしたら、無理に回すと洗濯機側のネジ山を削るので、無理矢理進めず、最初からやり直しましょう。

4. ホースにパッキンを取り付ける

取り付けると言っても、入れ込むだけです。
取り付け時にパッキンがホースから落ちてしまう場合は、パッキンを濡らしておくと落ちづらいです。

5. ホースを器具に取り付け

洗濯機に器具を取り付ける時同様、斜めになったり、無理矢理回したりせず、ゆっくり行いましょう。

6. 給水弁を開ける

水漏れの可能性があるので、ゆっくり開けます。
水が漏れた場合は、最初からやり直しです。

7. 1度フルコースで洗濯

慣らしのため洗濯物は入れずに、洗濯〜すすぎ〜脱水までを水量最大で回します。

効果のほどは…?

とりあえず取り付け後、1回洗濯をしてみましたが、良く分かりませんね。
給水時に泡が見える訳でもないので、見た目にも実感はありませんし、洗濯物が特別キレイ!とかもありません。
この手のものは「キレイになっている…かも?」くらいの気持ちでいた方が精神衛生上良さそうです。

とりあえず、見た目はスマートになったので、その点は満足です!

ちなみに、以前購入したシャワーヘッドを今でも使用していますが、こちらも効果は全然分かりません…。
私が鈍感なのか、そういうものなのか定かではありませんが、購入時は「効果が出たらラッキー」くらいの気持ちの方が良いかも知れませんね。
…その割にはお高いので、効果が欲しくなりますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください