キーボード清掃のお話

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。
早いもので、もう3月です。
今年に入ってから、仕事、プライベート様々な部分で変化が大きく、着いていくのが大変な状態です。
少し経ったら落ち着くんじゃろか…。

さて、今回の話題は「キーボードの掃除」についてです。
特に、デスクトップパソコンで使うキーボードの話題ですね。

キーボードはパソコンを使う上で絶対に使う機器で、放っておくとめっちゃ汚れます。
たまに掃除しようと思っても、隙間に指が入らず細かいところまで拭けない。
中に入り込んだホコリを吹き飛ばそうにも、キーの隙間から出てこず、中にこもりきり。

そんな方に朗報です。
なんと、キーが簡単に取れるタイプのキーボードがあるのです!
早速掃除の様子をいつも通り写真を貼り付けながら紹介していきます。

東プレ REALFORCE

非常に人気の高いキーボードです。
今メインに使っているキーボードで、キーの打ち具合が私好みです。
オススメのキーボードですが…値段がたっけぇの(‘A`)

でも、キーの取り外しが容易で、掃除も簡単です。

1. 上に引っ張ります

2. 掃除します

3. キーを元に戻します

以上です。

FILCO Majestouch

キーの入れ替え可能であることで有名なMajestouch。
FPSゲームでよく使うキーだけ色を変えたり、様々なキーを織り交ぜてカラフルなキーボードを作ることもできます。
こちらも非常に人気の高いキーボードで、青軸とか茶軸とか、キーの重さや打鍵感などで様々な種類があります。
購入を検討する際は実物を見て、触ってから判断した方が良いでしょう。

こちらもキーを上に引っ張るだけで外せます。
むしろ、キーボードを買うと、キーを外すための器具(REALFORCEのキーを外すときに使っている針金)が付いてきます。

注意点

全てのキーボードが上記のようにキーを外せるわけではありません。
無理して外そうとすると壊れることがありますのでご注意ください。

汚れの目立ちやすいものでもあるので、せめて年1回くらいは掃除してあげたいものですね。
尚、キーは樹脂なので水洗いできますが、キーボード本体はダメです。
アルコールを湿らせた綿棒やウエットティッシュなどで拭いてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください