【OSX86】 P6X58D Premium は Mac の夢を見るか 〜準備編〜 【Hackintosh】

*´ω`)ノ こんばんは!
最近、窓を開けたまま寝ることが増えてきたコロです。
窓を開けていながら羽毛布団をかぶるという、
一見不釣り合いな構図ですが、これが丁度いいのです!

さて、今回のテーマは「P6X58D Premium は Mac の夢を見るか 〜準備編〜」
要するに、普通のPCにMacOSを動かせたら良いなって話です。

ただし、この行為はMacOSのライセンスに違反するので、
運用はしない方が良いでしょう。
あくまでも実験的なものです。

今回は準備編として、必要なものを準備していきます。

○ハードウェアの準備
1) MacOSが動いている端末(MacBook Proや Mac miniなど)
2) USBメモリ2つ(うち1つは8GB以上のもの)

 

○ソフトウェアの準備
必要なソフトウェアを準備します。
1) MacOS X Mountain Lion (¥1,800)
2) UniBeast
3) MultiBeast
4) P6X58D PremiumのDSDT、kextなど

 

1)MacOS X Mountain Lion
今回は App Store から MacOS X Mountain Lion (10.8.3) を購入しておきます。
001
もちろん、ダウンロードも忘れずに行なってください。

2) UniBeast
tonymacx86からMountain Lion用のUniBeastをダウンロードします。
unibeast
尚、ダウンロードにはアカウント登録が必要になります。
右上の「Register」から、登録をしておきましょう。

3) MultiBeast
UniBeastと同じく、
tonymacx86からMountain Lion用のMultiBeastをダウンロードします。
multibeast

4) P6X58D PremiumのDSDTkextなど
InsanelyMac の「[GUIDE] How to Install Mountain Lion on a P6X58D Premium」から
Installation Files」をダウンロードします。
この中に必要なファイルがほとんど入っています。

さらに InsanelyMac の「[GUIDE] Lion 10.7 on Asus X58 (LGA 1366) i7 9xx」から
Asus P6X58D Premium」のDSDTをダウンロードします。
記事は Lion のものですが、Mountain Lion でも使えました。
こちらはログインが必要になるので、アカウント登録してダウンロードして下さい。

追加で
OSx86.net から「SleepEnabler 10.7.0」をダウンロードします。
これはMacOSのスリープ機能が動作しない場合に必要になります。

ダウンロードしたkext、DSDTはUSBメモリに入れておきましょう。
インストール後に使います。

 

これで必要なものは一応揃いました。
次回はOSインストール用のUSBメモリを作成してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください