【今更】マグネットで付くUSB-C端子を手に入れたぞ!【購入】

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。
AmazonでUSB-Cのハブを探していたら、こんなものを見つけました。

…絶対違うの混ざってるやん!

今は亡きMacのMagSafe…

さて、元々使っていたMacBook Pro 2011 EarlyはMagSafeという、マグネットで付く充電端子を持っていました。

端子が磁石でくっつくため、脱着が簡単ですし、端子を痛めづらい、ケーブルに足を引っかけてもMacは引っ張られない!
と、良いこと尽くしで非常に気に入っていました。

しかし、USB-Cを採用してからは上記のようなマグネット式の端子はなくなってしまいました。
…気に入ってたのに(ノ_・。)

マグネット式USB-C端子で復活!

で、しばらく経ちまして、ようやく腰を上げて購入に至ったマグネット式のUSB-C端子。
なぜ購入をためらっていたかというと、今はPC用のデスクがあり、常にMacが鎮座している状態だからです。
要するに、電源ケーブルを抜くことが滅多にない、ということです。

一方、職場のPCはというと、オフィスだ会議室だとPCを持ち運ぶことが多く、そのたびに電源ケーブルを抜き差ししています。
その上、自席にはディスプレイも置いてあり、席を立つときは電源とHDMIケーブルを外し、席に戻ったら電源とHDMIケーブルを繋げる日々…。

そこで思いついたのです。
そうだ!マグネットにしよう!!(・∀・)

Type-Cのケーブルを磁石でカチッと付けるだけなのは楽です。
良い感じ!

で、今回購入したのが2個セットだったので、せっかくならということで、自宅のMacBook Airにも付けてみました。

使い方?

使い方は簡単。
Mac側に端子を取り付け、ケーブルにも端子を付けます。

あとはカチッ!

すんばらしぃ!
通電ランプが意外とまぶしぃ!!

内容物は?

今回購入した端子の内容物は以下の通り。

端子部分と、本体から端子を取り外すためのストラップ状の紐。
ストラップを付けるなら、端子にストラップを付けられるようにリングでも付けておいてくれれば良いのに…。
かと言って捨ててしまうと取り外したいときに困るかも知れない!

ってことで、色々迷った結果、とりあえずペンケースのチャックに付けておくことにしました。

くっそダサいこのペンケースですが、別に人に見せるものではないし、基本的にカバンから出すこともないので問題はありません。

あとは壊れずにどれだけ使えるか…?
それが問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください