【マジかぁ】VMware Fusionが無料化していた…だと!?

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。
今朝Amazon Prime Videoを見ようとしたら…

えぇ?
契約が切れてしまったのでしょうか?

調べてみると、障害てきな何かが起きている模様。
現在は完全ではないようですが、解消されてきているみたいです。現在は解消されています。

さて、普段Macを使っている身ではありますが、どうしてもWindowsが必要だったり、Windowsのソフトの方が楽だったりする場面があります。
そんなときは仮想化ソフトウェアを使ってMac上でWindowsを動かしています。

Mac向け仮想化ソフトウェア

Mac向けの仮想化ソフトは無償のVirtualBoxの他、有償のParallelsVMware Fusionが有名です。
私が今まで使っていたのは「Parallels 15」です。

今回CatalinaからMontereyへ更新したことで、Parallelsにあれこれ不具合が出てしまいました。
仕方なくアップグレードをしようと思いましたが、毎年夏〜秋にかけて新しいバージョンが出ているため、今更新するのは何かもったいない気がしてしまいまして…。

VMware Fusionが無償化!?

で、Parallels以外の仮想化ソフトを調べてみることにします。
VirtualBoxは現在Oracleが買収しているため、選択肢から外します。
あとはVMware Fusionですが、ここで驚愕の事実を知りました。

元々は有償のソフトウェアなのですが…なんと!
2020年頃から個人使用に限り無償化しているようなのです!
これは使わない手はない!

ということで、早速ダウンロードしました。

ダウンロード手順

ダウンロードの手順はこちらを参考にしました。

まずはVMware Fusionのサイトへアクセスし、「個人利用ライセンスの登録」をクリックします。

VMwareアカウントでログインします。

登録をし、ライセンスを発行します。

ここで発行されたライセンスキーをインストール時に入力します。

ちなみに、上手く画面が進まない場合は、地域の選択を「United States」にすると上手く進むようです。

ただ、少し使った感じ、Parallelsの方がパフォーマンスは良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください