【今更】Windows 7 32bit版→Windows 10 64bit版へ

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。
Lenovo X250を手に入れました。

なんですが、この子リカバリするとWindows 7 32bit版が入るんですよ。

メモリは8GBなのに、使えるのが3GB…これはもったいないですねぇ。

元々Windowsで使う予定はないのですが、せっかくなのでWindows 10へ更新してみようと思います。
そんなわけで、今更な記事になりますが、Lenovo X250をWindows 7 32bit版からWindows 10 64bit版へ入れ替えスタート!

概要説明

前提として、32bit版のOSから64bit版のOSへいきなり入れ替えることはできません。
Windows 7 32bit版からWindows 10 64bit版へ入れ替える場合は、以下の手順を踏みます。

  1. Windows 7 32bit版→Windows 10 32bit版へアップグレード
  2. Windows 10 64bit版をクリーンインストール

ただし、これはWindows 7の認証を活かして入れ替える場合の手順となります。
Windows 10 64bit版を別途購入している場合は、最初からWindows 10 64bit版をクリーンインストールすればOKです。

また、Home版からPro版への入れ替えもできません。
Home版からはHome版へ、Pro版からはPro版へ更新する必要があります。

1. Windows 10 32bit版へアップグレード

【失敗】Windows 10 Media Creation Toolを試す

というわけで、早速ですがWindows 10へアップグレードしましょう。
まず真っ先に浮かぶのがMedia Creation Toolを使ったアップグレードです。
例に漏れず、Microsoftのサイトからツールをダウンロードし実行したのですが…

「理由は不明ですが」て…。
OSの更新を最新まで行いましたが解消されないので、次に行きましょう。

【失敗】インストールUSB(21H2)を試す

Windows 10 32bit版のインストールUSBを別のPCで作成し、USBメモリ内のsetup.exeを実行しての更新を試みました。
途中までは進むのですが…

ということで、失敗してしまいました。
BIOSの設定を変えてみたり、Lenovo純正のアプリを削除したりしてみましたが解消されず。
これはなかなか手強い…(;´ 3`)=3

【成功】インストールUSB(1507)を試す

もっと古いWindows 10のバージョンならどうかと思い、rufusを使って初期のWindows 10 (1507)のインストールUSBを作成して試してみました。
結果は見事に成功!
こういうこともあるんですね。
1803だか1809だかで、動作要件が変わったんでしたっけ?
何はともあれ、古いPCのアップグレードには古いバージョンのインストールUSBを使うと上手くいくことがあるようです。

さて、これで無事Windows 10 32bit版(1507)にアップグレードできました。

これで、認証済みWindows 10搭載のX250が手に入りました。

2. Windows 10 64bit版をクリーンインストール

インストールUSB(21H2)からクリーンインストール

一度アップグレードができたら、64bit版のWindows 10をクリーンインストールします。
残念ながら、32bit版から64bit版に入れ替えるときはクリーンインストールしかないようです。

アップグレードのときは手間取りましたが、クリーンインストールは全く問題がありませんでした。

何事もなく64bit版Windows 10へ入れ替え完了です。

ライセンス認証も通った状態です。

冒頭にも書いたとおり、このX250はWindows機として使う予定はありませんので、この後別途セットアップを行います。
Windows 7からの無償アップグレード期間も過ぎているので、本来はライセンス違反になりそうですしね。

というわけで、32bit版Windowsから64bit版Windowsへの入れ替え手順でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください