2TB超えのHDDについて

*´ω`)ノ こんばんは!コロです。
車のホイールを洗いたいんですが、外せるようなスペースが駐車場になく、
どうしようか迷っているうちにもう8月です。

さて、今回のテーマは「2TB超えのHDDについて」。
技術の進歩はすごいもので、今や3TBのHDDが1万円くらいで買えてしまいます。
我が家のパソコンにも導入済みです。
…が、先日、我が家であるトラブルが起きました。

データ保存用のディスクとして2台購入し、
1台をこれまで外付けHDDに保存していた
CDやDVDのイメージファイル(計2.5TB程度)用として設置しました。

設置後、外付けHDDからファイルを移動(ここ重要)し、
一段落かと思われたその時、急にデータが読み込めなくなりました。
開こうとすると「フォーマットされていません」。

えぇ!?と思って、慌ててディスクの様子を確認してみると…
hdd_re_000
R、RAW…!?Σ(゚д゚lll)
NTFSでフォーマットされていたはずのHDDさんが、
いつのまにかRAW形式のHDDさんとして認識されています。
(フォーマットされていない素の状態)

Windows上で認識はされているけどファイルが読み込めない時は、
たいていパーティションテーブルが壊れている場合が多いです。

パーティションテーブルとは、
「HDDにはどんな形式のパーティションがいくつありますよ」
ということが記録されているもので、これを元にHDDはファイルの読み書きを行います。

で、問題なのは今回外付けのHDDからファイルを移動しちゃったもんで、
下手にフォーマットのし直しもできないわけです( ´△`)

さて、どうするか…。
いや、そもそも何でこんなことになったのか?

原因としてはいくつか考えられますが、
ネットで探すとこんな記事がありました。

従来使われていたパーティションテーブルはMBRと呼ばれるもので、
これは保存できるデータの桁数の関係で2TBまでしか扱うことができません。
2TBを超える場合、MBRの代わりにGPTという形式でパーティションを作ります。

このGPTですが、HDDの接続をAHCI方式ではなく、従来のIDE方式で接続していると、
2TBを超えた段階でGPTであるにも関わらずディスクの先頭から記録し始める(上書き)
ということのようです。

HDDの接続方式はBIOSで変更でき、最近のものは初期状態でAHCIになっていると思うのですが、
今回問題になったのはかれこれ4年ほど前の代物。
そう、先日購入したP6T WS Professionalです。

BIOSの設定をしたような気もするんですが、もしかしたら…と思って確認してみました。
IMG_9504
ばっちりAHCIになっていました!

しかし、実際のところ、デバイスマネージャではIDEデバイスとして認識されている様子。
IMG_9505
hdd_re_001
ドライバの関係かしら?よく分からん(´-ω-`)

さてさて…どうしたものかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください