【お試し】Windows 11 Insider Preview【インストール】

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。
Windows 11 の Insider Preview が公開されました。
Windows 10 が最後って言ったじゃん!

…とは言え、仕事柄この先触らざるを得ないこともあり、とりあえず触ってみることにしました。

今回の Windows 11 は要件が厳しくなっています。
厳しすぎて現在見直し中という話もありますが、2021/07/01現在、Microsoft が公開している要件は以下のようになっています。

BIOS 世代のマザーボード、CPU は対応できません

我が家にはその条件を満たす端末がありません。
…いや、可能性がある端末が1台だけありますね。

MacBook Air 2018 です。
Parallels Desktop をインストールしてあり、その中に Windows 10 がインストールされています。
入るかどうか分かりませんが、試しに Windows 11 に上げてみましょう。

ちなみに、Insider Preview に参加するためには、Microsoftアカウントが必要になります。

…インストールできそう?

とうとう完璧な窓になってしまいましたね。
昔は窓がなびいていたのに…

画像出典:ウィキペディア

さて、そうこうしている間に、インストールできたようです。

PlayStation 2の起動画面のような色合いです

こちらが、Windows 11 のデスクトップです。

タスクバーのアイコンが真ん中に集まっていて、ウインドウの角が丸いのがすぐ見て分かる特徴ですね。
今まで通り、左側に揃えることも設定でできるようです。

Windows 11 では、Windows Vista や 初期の Windows 7 にあったようなガジェットが復活しています。

この透け具合…iPad意識してます?

また、Power Shell ISE が Windows Terminal という名前になり、Linux などに搭載されているターミナルのような名前になっています。
見た目はコマンドプロンプトに寄せてきましたが、複数のターミナル画面をタブで管理できるようです。

ちなみに、コマンドプロンプトも残っています

あと、これもLinuxなんかからの輸入だと思いますが、右クリックのメニューの中に、今開いているフォルダで Windows Terminal を開く項目が追加されました。

Open in Windows Terminal

これはなかなか活用の機会がありそうです。

画面が全く変わらないものもあります。

コントロールパネルもまだまだ健在。
中途半端に設定アプリに移行してるので、相変わらず訳が分かりません。

それにしても、仮想環境に Windows 11 がインストールできるとは驚きです。
時間を取って操作をし、情報を集めていきたいと思います。

2021/07/05追記

どうやら、Insider Previewの段階では、CPUやTPMによる制限はかかっていないようです。
Xeon L5630 上の ESXi でも問題なく Windows 11 をインストールすることができました。

要件チェックを回避する方法も色々と情報が出てきているので、案外抜け道はあるのかも知れません。
いずれにしろ、2025年には Windows 10 のサポートが終了してしまうようなので、色々と情報を集め続けなければなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください