iPhoneのバッテリー交換、予想以上に時間がかかる模様…[追記あり]

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。
昨年末、これまで使っていたiPhone 6sのバッテリー交換を依頼しました。
年末で混んでいそうなので時間がかかるだろうな〜とは思っていましたが…予想以上です。

交換を依頼したのが、昨年12月14日だったかな?
で、我が家にiPhoneを取りに来てくれたのが12月17日。
(16日に一度来てくれたようですが対応できず。)

現状、Appleのサポートによるとこんな感じです。

2019年1月13日現在の様子

ちなみに、取りに来てくれたヤマト運輸の方で確認するとこんな感じです。

2019年1月13日現在の様子

と、いうことで、翌日には到着しているようです。

割引期間の終わる寸前に出した私が悪いのですが、せめて到着したかどうかくらいは表示してもらいたいと思う今日この頃です。

まぁ、気長に待ちたいと思います。
1月越えそうなら一度Appleに様子を訊いてみましょうか。

[2019/01/17追記]
ようやくAppleの修理センターに私のiPhoneが届いたみたいです。
丁度1ヶ月かかりましたね。
さてここからバッテリー交換が終わるまで、どのくらいかかるのでしょうか?

[2019/01/18追記]
はえぇ…もう処理が完了し、発送したそうです。
ここまで待たされたのは一体何だったんでしょうか?
バッテリーの在庫がなく、交換作業が追いつかないと聞いたことがありますが、だとしてもやはり到着したかどうかくらいはリアルタイムで更新して欲しかったなぁ…

[2019/01/20追記]
バッテリー交換に出していたiPhone 6s Plusが手元に返ってきました。
こちらを発送してから34日での帰還です。
う〜ん、やはりこういう期間限定キャンペーン的なものはギリギリに行動するではありませんでしたね。
次回から気をつけたいと思います。

しかしまぁ、こうしてみると…
使っているコンピュータはMacbook Pro 2011 Early (2011年購入)
使っているスマートフォンはiPhone 6s Plus (2015年購入)
と、少々古いものを使い続けているあたり、Appleの売上にあまり貢献していませんね。

今のところ、今の機器で間に合っちゃってるからなぁ。
Appleさんごめんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください