MacBook Pro Early 2011 GPU問題対策 1. 導入

*´ω`)ノ こんにちは!コロです 。

我が家のMacBook Proは2011年発売のdGPUモデル。
実はこれ、dGPUに問題ありのモデルです。
外部GPUに使われているハンダが経年劣化により割れてしまうようで、画面にノイズが乗ったり、真っ白い画面しか表示されなくなったりします。

うちのも例に漏れず、ある日突然画面が消えたと思ったら、次からは画面が真っ白のまま何も表示されず。
修理しようにも、もうサポート対象から外れ、Appleでの修理は期待できそうにない。

じゃあ、自分で何とかするしかないじゃないか!ってことで、ここ1年色々やっておりまして…。

最初はハンダを溶かして接着し直すためにオーブンで焼いたり、ドライヤーを当てたりしてみましたが、一時的には直るものの、数ヶ月で症状が再発し、解決には至らず。

最終的にロジックボード(基板)に細工を行いました。

流れとしては、
1. ファームウェアの書き換え(外部GPUへの切り替えをしない)
2. ロジックボードの加工(外部GPUへの電源をカット)
の2つです。
※この作業を行うと、Bootcampが使えなくなりますのでご注意ください。

参考にしたのは以下のサイトです。

リンク先をご覧頂ければだいたい大丈夫だと思いますが、写真を撮りながら作業を進めたので、次回手順を簡単にまとめたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください